部分入れ歯のよくある相談例|入れ歯専門の歯科医院|東京池袋の萩原歯科医院

「もうダメだ」なんてありません

  • 家族友人にも誰にも相談できなかった
  • 毎晩どうしようと悩み続けていました
  • こんな悪い状態でも治るのか心配です

東京都豊島区南池袋2丁目26-4-2階池袋駅3分

入れ歯のご相談にも治療にも1回1時間以上かけますのでご予約の際はご注意ください

歯科医が個室で相談を受ける無料相談実施中

0120-185-255

部分入れ歯のよくある相談例

治療中、歯が無くなると仕事にも行けません(50代女性)

質問

『ぐらぐらしている歯を抜いて入れ歯にしなければならなくなり、抜いて入れ歯ができるまで、しばらく歯のない状態で過ごすことになると言われました。人と会う仕事で、行けなくなるのは困ります。抜いてすぐの入れ歯はできますか?』

答え

残りの歯をすべて抜いてしまうこと、そして、歯の無い状態で過ごす日がどうなるかご心配なのですね。もちろん、歯が無い状態がないように、抜いてすぐ入れる義歯は絶対に作らなければならないと考えています。入れ歯治療は、きちんとした入れ歯を作るだけでなく、治療中も歯が無い状態にならないように、患者さんの治療中のストレスをできるだけ軽減できるように考えることは重要です。

部分入れ歯にしろ、総入れ歯にしろ、当院では、歯を抜いて、特に審美性に関係してくる前の歯が無い状態でお帰りになることは全くありません。
特別な方法であらかじめ入れ歯を作り、抜いた日にすぐに仮の入れ歯を入れてお帰りになれるように万全の準備をしています。患者さんが、とても心配する点ですので、治療を始める前に、その方法も具体的にお話しています。

まれに、お口全体のブリッジが外れて使えなくなり、すぐに作れないか、という相談もありますが、患者さんの状況によって、可能な範囲で応急の対応をすることもあります。
抜いてすぐ入れる仮の入れ歯「即日回復義歯」は、治療を始めたその日に作るというものではありません。

ぐらぐらの歯でも、固定や型取りを工夫して、あらかじめ抜く日の前までに、抜いてすぐにセットできる「即日回復義歯」を準備しておき、抜歯をしたその日のうちに仮の入れ歯を装着してお帰りいただく、という治療をすることで、全く歯の無い時期をなくすことができます。
場合によっては、他の歯科医院で製作したものの、痛みやゆるみで使えないという入れ歯等を改造して、一時期的にそれを仮歯として使用する場合もあります。

患者さんのお口の状況は、一人として同じことはありません。まずは、患者さんのお口の中を拝見して、どのように対応できるか、どのように進めていくか、初診相談時に説明させていただきます。

部分入れ歯のバネが見えるのが本当に嫌なのです(50代女性)

質問

下の歯はあるのですが、上の歯は右2本左2本残っているだけで、10本ありません。現在は保険の入れ歯を入れていますが、バネが目立つことが本当に嫌でたまりません。インプラントを相談してみましたが、高額な上に手術をするというので、不安で断りました。バネのない入れ歯の話を聞きましたが、可能でしょうか?

答え

部分入れ歯のバネの見え方は、多くの方が気にしていることです。入れ歯が使えないという相談も大変多く寄せられますが、審美的な見え方の問題は、特に女性の多くの方が気になっている点です。インプラントであれば、もちろん、バネはありませんが、インプラントには長所と共に、将来的な修理の大きな負担や維持するためのメンテナンスの問題など短所もあります。部分入れ歯のバネの見え方の問題は患者さんにとって、大変大きな問題で、最近は、金属のバネを使わないエステティックデンチャーやスマイルデンチャー、ノンクラスプデンチャーなど、多くの歯科医院で審美的な部分入れ歯を勧めていますが、材料の耐久性の問題や修理が難しいことなどから長期的な使用は期待できないものが少なくありません。バネが目立たない義歯を作ったものの、痛くて噛めない、あるいは、だんだん合わなくなってきた、バネが壊れたけれど修理ができないと言われた、など、多くの悩みが寄せられています。部分入れ歯は、残っている歯が入れ歯を支えることができるかどうかの診断から、過大な力がかからないようにする設計、顎の形や口の動きを考えた入れ歯、審美的な問題、治療後の機能の維持など、たくさんの条件を考える必要があります。「無バネ入れ歯」とか「ノンクラスプデンチャー」などと言われているものは、各方面で取り上げられていますが、材質的にも、設計的にも長期的な機能は望めないので、私は、お出かけのための予備的なもの、と位置付けています。相談に見える患者さんの無バネ入れ歯も、自費診療でありながら、大体3年くらいで作り直しを余儀なくされています。そのあたりをよくお考えの上、選択されると良いでしょう。残っている歯が少なかったり、歯の位置や条件が悪いときには、作ってもすぐに壊れてしまう場合もあります。その点を歯科医師に良く確かめることが、せっかくお金をかけたのに、などと後悔しないためのポイントです。残っている歯の状態が良くなければ、精密に作られた「噛める総入れ歯」にすることも一つの方法です。治療の前に、入れ歯もインプラントも長年取り組んできた歯科医師に相談することが将来のためにとても大切なことです。

以下のページに詳しく記載してありますので、ご覧ください。
>>インプラントがダメになったら
>>バネの歯がダメになる

家が遠いので、通院回数を少なくしてもらえますか?(60代女性)

質問

萩原歯科医院で治療を受けたいのですが、家が遠いので通う回数が多くなると負担です。回数を少なくするようにしてもらえるのですか?

答え

今までにも大勢の患者さんが、遠方からお越しいただいております。関東一円はもちろん、伊豆大島、富山、関西、青森、海外からのかたもいらっしゃいました。私どもは、治療に入る前の相談およびコンサルテーションの際に、遠方であることだけでなく、お仕事や転勤のご事情など、治療に対するご希望をすべて、お伺いいたします。通院回数を少なくしたいというご希望の方には、治療の内容にもよりますが、一度の治療を長くすることなどで対応しております。(一回の治療を半日から一日かけて行うこともあります。)私は、皆様が萩原歯科医院にわざわざお越しいただく事に本当に感謝し、できる限り喜んでいただけることを考えております。どうぞ、一度お越しください。お口の詳しい診査と診断を行うことで、今、治療をすべきところはどこかを判断し、治療計画を立てるため、実際に通う期間や回数についてもお話をすることが可能になります。治療内容についても詳しく説明をしますので、その後に治療をご検討なさってはいかがでしょう。

子どもの結婚式までに入れ歯を作ってもらえますか?

質問

もうすぐ子どもの結婚式がありますが、今の入れ歯では見え方が変で、食事も満足にできません。写真にも残るため、きれいな状態で結婚式に出席したいと思います。結婚式までに入れ歯を作ってもらえますか?

答え

お子さんの大切な日に大勢の方をお招きするのに、安心して食事や会話のできる入れ歯があれば、お喜びも倍増することと思います。また、家族の皆様との写真も思い出の一枚にしたいというお気持ちも強いことでしょう。当院の入れ歯治療は、一つひとつのステップを省略することなく、時間も十分にかけながら、治療を進めていくため、理想的には、仮の入れ歯であっても一ヶ月ほどお時間をいただくことが理想です。しかし、式までの日にちが少ない場合は、お手持ちの入れ歯を何とか修理して、式の当日に間に合わせたこともありますし、残っている歯の数や場所によっては、もっと短い日数で作ることも可能です。晴れの日のために、よりよい入れ歯をご用意されるなら、どうぞ、お早めにご予約のお電話をお願いいたします。いつまでに完成させるか、その間の通院回数をどうするかなど、ご一緒に話し合って、解決策を検討してきます。もちろん、見栄えの点もご一緒に確認をしながら、作り上げていきましょう。どのようなことでも、まずはお気軽にお話ください。

萩原歯科医院と同じような理念の歯科医院を紹介してもらえませんか?

質問

萩原歯科医院のホームページを呼んで、ぜひ治療を受けたいと強く思いました。しかし、東京まで通うことができません。地元の九州で同じような理念の歯科医院を紹介してもらえませんか?

答え

萩原歯科医院と同じような理念の歯科医院を紹介してもらえないか、という質問は、大変多く寄せられます。が、残念ながら萩原歯科医院と同じシステム、同じ診療理念、同じ衛生環境、同等のスタッフレベルでお口の中をトータルに見る治療を行っている歯科医院を、私は、今のところ存じ上げません。私たちが目指している歯科治療は、治療をしたら終わりではありません。それが長い期間にわたって患者さんのお口の中で機能して使えること。それができて初めて患者さんが治療をしてよかったと思ってくれるのだと、私は考えております。そのために当院は、将来のトラブルが起こりそうなリスクのある歯を診断し、治療が終わった後のトラブルに対しての対応策も考慮した治療計画を時間をかけて練っていきます。治療後にはきめ細かな定期健診システムも備えており、このような治療システムを受けるようになって始めて、治療のやり直しをしなくなったことを、とりわけ大勢の患者さんが評価してくださっております。もし、萩原歯科医院以外の歯科医院をお選びになるなら、治療後のケアを十分に行ってくれるところ、やり直しをしないような治療を目指している歯科医院をお探しになるとよいでしょう。具体的には、治療が終わった後で治したところが壊れたり、残っている歯がだめになったりする可能性があるのか、その場合にはどのような対応があるのか等、歯科医師に質問してみるのも良いかもしれません。患者さんの長期的なお口の健康を考えている歯科医師なら、10年後、20年後に悪くなった場合や壊れた場合の対応まで考えた治療計画を立ててくれるはずです。ほぼすべての患者さんが今までとまったく違うと、喜んでくださっていますが、全員の方のご要望を十分に満たすことができているかどうかはわかりません。ただ、萩原歯科医院では、患者さんと共に、悩みを考え、一緒に解決していく治療スタイルは、まったく変わらず、治療技術や感染予防などに対しても、いい加減な妥協は許さないという姿勢で毎日の診療をしております。入れ歯に限らず、歯の悩みがございましたら、どうぞ、一度相談にお出かけください。よい入れ歯を作りたいとお思いになったその日が、痛くなく、よく噛める、満足できる入れ歯へのスタートになるはずです。

トップへ戻る